VQSコラボ サポート

VQSコラボのインストール方法:iOS

VQSコラボ iOS版の仕組みについて

VQSコラボにはWeb会議・遠隔授業のスタイルに合わせて様々なタイプをご用意しております。iOSのアプリは特性上タイプごとにアプリをご用意しております。しかしアプリ毎に設定が必要となるため、入室から設定を一元管理できるランチャアプリをご用意しております。

各タイプのアプリ単体でも設定・入室はできますが、複数のタイプを使い分けているお客様はランチャアプリをご利用いただくことをお勧め致します。本マニュアルもランチャアプリを使用した設定方法でご案内致します。

① iOSにVQSコラボランチャアプリをインストールする

  • iPadを起動してAppStoreからアプリをインストールします。アプリの検索で、「vqsコラボ」と入力します。
  • 検索後表示される、「VQSCollabo Launcher」の横にある「入手」をタップしてインストールを行います。
  • AppStoreからアプリがインストールできない場合は、アップルのサポートページをご確認ください。
    https://support.apple.com/ja-jp/HT201400

② VQSコラボランチャアプリからVQSコラボの各タイプをインストールする。

  • インストールした「VQSCollabo Launcher」アプリをタップします。
  • まず各タイプのアプリをインストールします。「アプリ一覧」をタップします。
  • タイプごとの各アプリが一覧で表示されます。ランチャアプリと各アプリが連動し、設定・入室を行うことができます。Web会議・遠隔授業で使用する各アプリを選択し、インストールを行ってください。もし使用するタイプが分からない場合は、すべてのアプリをインストールしてください。
  • タイプ別のインストールページが開きます。「入手」をタップしてください。
  • インストールが完了したら、ホームボタンを押して、ホーム画面に戻り、再度VQSCollabo Launcherを起動します。
  • 「VQSCollabo Launcher」のトップページの文言表記が下記のように変わります。
  • アプリ一覧をサイドタップすると、インストールが完了したアプリが表示されます。必要なアプリをすべてインストールしてください。

③ ログイン情報を設定する。

  • アプリのインストールが完了したら、ログイン情報を入力します。まず「設定」をタップします。
  • 左上にある、「組織ID指定」をタップします。
  • 「組織ID」を入力します。組織IDは、ご契約ユーザー様、サービス事業者様ごとにご用意しております。案内書に記載されている組織IDをご覧ください。遠隔授業のサービスなどを受講されている個人のお客様は、授業を提供されている提供元の会社様にご連絡ください。またユーザーIDに関しても、各サービスの提供元の会社様にお問合せください。
  • 組織IDとユーザーID,パスワードを入力後、「保存」をタップします。

④ Web会議・遠隔授業に参加する

  • 画面左下の「ログイン」をタップし、ログインページを表示します。画面真ん中に先程入力したユーザーIDが表示されます。Web会議・遠隔授業に参加する場合、「ログイン」ボタンをタップしてください。
  • 「ログイン」ボタンをタップすると、VQSコラボポータルサイトが表示されます。ポータルサイトには本日の予定が表示され、入室可能な時間になると、「入室ボタン」が青色に点灯します。ボタンをタップするとアプリが起動し、Web会議・遠隔授業の画面が開き、遠隔地の参加者とつながります。

※無線LANご利用時の注意点

無線LANでご利用されているお客様は「電子レンジ」のご利用にご注意ください。電子レンジ稼働中に発生する電磁波の影響で、通信が不安定(遅延・切断)になる場合があります。

ページの先頭へ