VQSコラボ サポート

VQSコラボ よくある質問

クリップボードPHU-111の設定方法

Windows機器と設定

ワコムPHU-111(以下クリップボードと記載します)をVQSコラボで利用するためにはドライバのインストールと設定が必要です。下記に従い設定を行ってください。

1.WindowsOS対応バージョンについて

Windows7 ServicePack1以降
Windows8.1以降
Windows10 1607 AnniversaryUpdate以降
※Windows7(SP1以前) Windows8、Windows10 (1511 NovemberUpdate)以前には対応しておりません。各OSのバージョンアップをお願いいたします。

対応していないOSにドライバをインストールしようとするとメッセージが表示されます。

2.VQSコラボの最新版をインストールする

VQSコラボ最新版のインストール方法については下記ページをご覧ください。

VQSコラボのインストール方法:Windows

3.クリップボードのドライバをインストールする

クリップボードのドライバは下記URLをクリックし実行してください。

インストール

「このデバイスに変更を加えることを許可しますか?」ダイアログが表示されます。「はい」をクリックしてください。

「次へ」をクリックします。

※OSのバージョンやパソコンの状態によって下記のようなメッセージが表示されます。

メッセージに従い、「はい」をクリックしてください。

次に下記のような画面が出てきた場合は、それぞれ「同意する」、「ライセンス条項および使用条件に同意する」にチェックをいれ、「インストール」をクリックしてください。

処理を完了させてください。

ドライバインストール後PCの再起動を要求されることがあります。その場合は、再起動を行ってください。

4.クリップボードをパソコンに接続する

ドライバのインストール、PCの再起動が終わったら、クリップボードのケーブルをパソコン本体に接続してください。

5.VQSコラボでクリップボードを利用する

  1. VQSコラボアプリケーションランチャを起動し、「ホワイトボード」をクリックします。
  2. ホワイトボードの右上の歯車ボタンをクリックします。
  3. ペンの「設定」をクリックします。
  4. 次にデジタルペンの選択で「Wacom Clipboard PHU-111」が選択されていることを確認してください。※「記憶し、次回起動時も使用する」にチェックをいれてください。

最後にOKをクリックします。

クリップボード上の紙に、ペンで書き込みできるかお試しください。この状態でVQSコラボの会議室・授業教室に入室するとクリップボードが使用できます。

6.ステータスについて

ペンが書き込みできる状態にあるとき、ホワイトボードのペンボタンは「グリーン」に点灯しています。書き込みできない状態の場合「グレー」になっています。「グレー」になっている場合は、クリップボードのケーブルをパソコン本体から抜き差しし、ペンボタンをクリックしてください。

※ペンボタンをクリックしなくてもすぐに「グリーン」になる場合があります。

7.トラブルシューティング

Q.ドライバのインストールができない。

A.「1.WindowsOS対応バージョンについて」をご確認いただき、OSが対応しているかご確認ください。

 

Q.VQSコラボのホワイトボード上でクリップボードが選択できない。

A.VQSコラボのバージョンが古いため最新バージョンにアップデートしてください。※お客様のご利用ポータルが古い場合、最新バージョンにアップデートできない可能性がございます。その場合は弊社までお問合せください。

 

Q.クリップボードを接続しても、VQSコラボ上のホワイトボードのペンマークがグリーンに点灯しない。

A1.クリップボードの右側面にあるスイッチがUSB側に入っているか確認してください。

A2.クリップボード側のケーブルがしっかり本体に接続されているかご確認ください。


 

ページの先頭へ