2021年3月末日にてVQS株式会社ではVQSコラボの取り扱いを終了いたしました。

ネット会議・遠隔授業プラットフォーム「VQScollabo」については
メーカーの 株式会社オサムインビジョンテクノロジー へお問合せください。
また、VQScollaboに関する情報は VQScollabo サービスサイト をご参照ください。

( VQScollabo は株式会社オサムインビジョンテクノロジーの登録商標です )


VQSコラボ サポート

VQSコラボ よくある質問

デジタルペン(Digimemo):ドライバのインストール

Windows機器と設定

デジタルペン(Digimemo)をご利用のお客様は下記に従い、必ずデジタルペンのドライバをインストールしてください。(WindowsPCのみ対応)。ドライバがインストールされていないとデジタルペンは使用できません。

1. デジタルペン(Digimemo)のドライバをダウンロードします。

下記リンクをクリックしてドライバを保存してください。
Digimemo ドライバ ダウンロード

2. ドライバのダウンロード後、デジタルペン(Digimemo)をパソコン本体に接続します。

※専用ペンに電池をセットしてください。

3. パソコン本体に接続した状態でダウンロードしたドライバをインストールします。


「VQSCollabo_PenModule_ForDigiMemo_001.exe」をダブルクリックしてください。

4. 「このデバイスに変更を加えることを許可しますか?」ダイアログが表示されます。

「はい」をクリックします。

5. インストールダイアログが表示されます

「インストール」をクリックしてください。

6. インストールが終わると、「インストールが完了しました」と表示されます。

7. ドライバがインストールできたら、「パソコンの再起動」を行ってください。

8. デジタルペン(Digimemo)が使えるかどうかテストします。

デスクトップにあるVQSコラボのアイコンをクリックし、「アプリケーションランチャ」を起動します。
「ホワイトボード」をクリックして、「設定」をクリックします。


「ペンの設定」をクリックします。
「デジタルペンの選択」で「ZEBRA Digimemo」を選び、「OK」をクリックします。


設定完了後、白い紙をデジタルペン(Digimemo)にセットして、ペンで書き込みを行ってください。
設定に問題がなければ書き込みができます。

 

ページの先頭へ