VQSコラボ サポート

VQSコラボ よくある質問

エラーコード一覧:Windows

Windowsエラーコード

■A002
内容:基本情報ファイルにアクセスできませんでした。
対応:インターネットエクスプローラのキャッシュが一杯になっている可能性があります。インターネットエクスプローラを操作してキャッシュのクリアを行い再入室を行ってください。

■A003
内容:基本情報ファイルの解析に失敗しました。
対応:インターネットエクスプローラのキャッシュが一杯になっている可能性があります。 インターネットエクスプローラを操作してキャッシュのクリアを行い再入室を行ってください。

■ A004
内容:サーバへの問い合わせに失敗しました。
セキュリティソフトなどの影響でブロックされている可能性があります。
対応:インターネットセキュリティソフトがブロックしている可能性があります。セキュリティソフトの例外設定方法をご確認ください。

■A005
内容:クライアントプログラムの起動に失敗しました。
インストールが完了していない可能性があります。
対応:もう一度インストールを行い再入室を行ってください。

■C001
内容:サーバへの問い合わせに失敗しました。
対応:インターネットセキュリティソフトがブロックしている可能性があります。
セキュリティソフトの例外設定方法をご確認ください。

■D003
内容:サウンドの初期化に失敗しました。
対応:パソコンの再起動を行ってください。

■D004
内容:サウンドの初期化に失敗しました。
対応:パソコンの再起動を行ってください。

■D005
内容:Windowsの標準機能である暗号化処理の初期化に失敗しました。
対応:Windowsのアカウント情報が破損している時、このエラーが発生する事があります。
Windowsの再起動を行ってください。改善しなければ、破損の回復のためにハードディスクのエラーチェックをお試しください。 または、別のWindowsアカウントを使用する事でも回避できる可能性があります。

■D006
内容:アプリ共有のDLLモジュールのロードに失敗しました。
対応:最新のソフトウェアをインストールしてください。

■E001
内容:サウンドデバイスのOpenに失敗しました。
対応:有効なサウンドデバイスが存在しない可能性があります。
サウンドデバイスの接続を確認し、チェックウィザードでテストを行ってください。

■E003
内容:有効なサウンドデバイスが取得できませんでした。
対応:有効なサウンドデバイスが存在しない可能性があります。
サウンドデバイスの接続を確認し、チェックウィザードでテストを行ってください。

■E007
内容:サウンドデバイス設定中に入室可能時間を過ぎました。
対応:入室処理が時間内に終了せずタイムアウトを起こしています。再入室を行ってください。

■E008
内容:ダイレクトサウンドのOpenに失敗しました。
対応:サウンドデバイスの機能が正常に動作していない可能性があります。パソコンの再起動を行ってください。

■ F001
内容:ルームソフトへの接続に失敗しました。
対応:ご自宅など一般回線から接続をしている場合
再入室を行ってください。
ご利用されているプロバイダがぷららのパケットフィルタリングサービス 「ネットバリアベーシック」が有効になっているため、入室に失敗する可能性があります。ご利用のお客様はこちらをご覧ください。

企業内LANなど、イントラネット内から接続している時
ご利用のネットワークのセキュリティなどをご確認ください。TCPポート13005での通信がブロックされている可能性があります。 プロキシサーバー経由の通信を行っている場合、VQSProxyの設定を行うことで、改善される可能性があります。詳しくはプロキシ設定のマニュアルをご確認ください。

■F004
内容:サーバとの接続が切れました。
対応:インターネット回線の通信が瞬間的に切断された可能性があります。回線の状態をご確認ください。頻発する場合は、モデムやルーターの再起動を行ってください。

■F009
内容:入室処理中に処理可能時間を過ぎました。
対応:入室に時間がかかりすぎています。再入室を行ってください。改善されない場合は、パソコンのスペックとインターネット回線の状態をご確認ください。

■G001
内容:音声映像モジュールのロードに失敗しました。
対応:パソコンの再起動を行い、再入室を行ってください。

■G002
内容:音声映像モジュールのサーバ接続に失敗しました。
対応:●エラー詳細「recorder:recorder setup err」と表示された場合
ご利用されているプロバイダがぷららのパケットフィルタリングサービス「ネットバリアベーシック」が有効になっているため、入室に失敗する可能性があります。 ご利用のお客様はこちらをご覧ください。

Windows Vistaをご利用の場合、「保護者による制限(ParentalControls)」が有効になっていると入室処理中にルームソフトとの通信「record setup err」が 発生し入室に失敗します。

■G003
内容:何らかの理由でサーバから切断されました。
対応:インターネット回線の通信が瞬間的に切断された可能性があります。回線の状態をご確認ください。頻発する場合は、モデムやルーターの再起動を行ってください。

■J001
内容:VQSCProxyの初期化に失敗しました。
対応:TCPポートが他のプログラムによって使用されている可能性があります。サポートまでお問合せください。


 

ページの先頭へ