2021年3月末日にてVQS株式会社ではVQSコラボの取り扱いを終了いたしました。

ネット会議・遠隔授業プラットフォーム「VQScollabo」については
メーカーの 株式会社オサムインビジョンテクノロジー へお問合せください。
また、VQScollaboに関する情報は VQScollabo サービスサイト をご参照ください。

( VQScollabo は株式会社オサムインビジョンテクノロジーの登録商標です )


VQSコラボ サポート

VQSコラボ よくある質問

ウイルスバスター2012クラウド利用中、入室時にタイムアウトする

Windowsポータル

 「ウイルスバスター2012クラウド」をインストールしたPCのうち数台で入室のタイムアウトを起こす事がある症状を確認しました。

この時のエラーコードは以下のとおりです。
F009
G001
G002

※「ウイルスバスター2012クラウド」以外の製品では未確認です。

対応:
上記エラーが頻繁に起きており、且つウイルスバスターをご利用中の方は以下の手順を行う事で回避が期待できます。

・ウイルスバスターの設定から例外設定で、ファイル/フォルダにVQSコラボクライアントを例外アプリとして登録してください。
例外設定の登録画面については、下記のリンクの画像ファイルより確認できます。
http://jp.trendmicro.com/imperia/md/content/jp/about/pressweb/dl/vb2012/vb2012_35.zip

例外設定をするファイルは、以下の通りです。
C:\Program Files\Osamu\VQSCollabo\VQSClbGetTkn.exe
C:\Program Files\Osamu\VQSCollabo\VQSCollaboClientのフォルダにある下記アプリケーション
VQSConfPlayer.exe
VQSCollaboClientC1S.exe
VQSCollaboClientC2.exe
VQSCollaboClientC3.exe

※上記の例は32bit Windowsでの例です。
64bit Windowsをご利用の際は、下記を参考にフォルダを変更してください。
C:\Program Files\

C:\Program Files(x86)\

 

ページの先頭へ