ニュース

リリース

VQSコラボV3x交流Lタイプ リリースのお知らせ

交流L_PC

VQSマーケティング株式会社(本社:京都市、取締役社長:向井猛彦)は、Web会議システムVQScollabo Businessの交流Lタイプクライアントソフトを、2015年8月24日(月)にリリースしました。

最大15拠点の映像同時配信と同時会話、高解像度ディスプレイの表示に対応しました。

 従来のVQScollabo交流タイプが、会議の議長を含め6拠点の同時発言・映像配信が最大であったのに対し、最大15拠点の同時発言・映像配信を行えるようになりました。また、映像配信枠が6枠または1枠拡大表示であったのに対し、2、4、6、9、12、15枠または1枠拡大と表示パターンを変更できるようになりました。

さらに議長が会議に対して固定であったのに対し、議長を会議中に自由に変更できるようになりました。くわえて会議の参加者以外の方がVQSコラボの操作を支援できるように、視聴席から議長操作を行えるようになりました。

詳しくは、こちら(PDF)をご覧ください。

※お問い合わせ先

VQSマーケティング株式会社 本社 TEL:03-5829-6251

<ご利用方法>

1.新規のお客様

VQSコラボのご契約が必要です。お気軽にお問合せください。

2.ご契約中のお客様

環境のバージョンアップが必要です。弊社営業担当またはご購入元の販売店様にお問い合わせください。

<デバイス別インストール方法>

個別指導タイプはWindows、iPad、iPhoneに対応しています。

〇Windows版

お客様専用ポータルサイトからダウンロード・インストールしてください。

〇iPad版、iPhone版

AppStoreからダウンロード・インストールしてください。

https://itunes.apple.com/jp/app/vqscollabo-v3x-jiao-liultaipu/id980167228?mt=8


ページの先頭へ