ニュース

サポート

SSL3の脆弱性に関する対応について

暗号化プロトコルSSL3の脆弱性に関する対応を行いました。

SSL3.0は古いプロトコルであることや、TLS1.0等でも問題なくご利用いただけるため、VQSコラボを安全にご利用いただくことを優先しSSL3.0の無効化を判断いたしました。

 

本対応により、httpsのポータルサイト(入室ページ)につながらないお客様は、以下の対応をお試しください。
〇Windowsをご利用のお客様

インターネットエクスプローラ設定の「インターネットオプション」内の「詳細設定」から、「SSL 3.0を使用する」 のチェックを外して、「TLS 1.0、TLS 1.1、TLS 1.2の使用」 などにチェックを入れてください。

「適用」後、インターネットエクスプローラを閉じて再起動を行ってください。

poodle対応

 

MicrosoftよりSSL3.0脆弱性に関するセキュリティアドバイザリが公開されています。

下記サポートページより「Microsoft Fix it 51024」を実行することで、インターネットエクスプローラ設定の「SSL2.0を使用する」 「SSL3.0を使用する」 のチェックが外れ、「TLS 1.0、TLS 1.1、TLS 1.2の使用」 にチェックが入ります。

https://support.microsoft.com/kb/3009008/ja

 

〇iOSをご利用のお客様

iOS8.1へのアップデートをお試しください。

 

〇マカフィーをご利用のお客様

マカフィーの一部製品において、「SSL 3.0を使用する」 のチェックを外した設定が、再有効化される現象が報告されております。詳しくは下記URLをご確認ください。
マカフィーのサイトへ:http://service.mcafee.com/FAQDocument.aspx?lc=1041&id=TS102200

 

弊社サービスを安全にご利用いただきかつ、お客様ご利用の端末の安全性を確保する上で必要な対応となります。

ご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 


ページの先頭へ