導入事例

遠隔授業

春のオープンキャンパスにVQSコラボを活用!!帝塚山学院大学 様

学科PRを遠隔から行う

VQSコラボiPad版を活用

帝塚山学院大学様では、泉ケ丘キャンパス(堺市)と狭山キャンパス(大阪狭山市)の二つのキャンパスがあり、3月15日に、狭山キャンパスでオープンキャンパスが開催されました。

情報メディア学科の主要な設備が泉が丘キャンパスに設置されているため、午前中の学科説明の中で、泉ケ丘キャンパスの放送スタジオやマルチメディア室の様子を、VQSコラボを利用して紹介いただきました。両キャンパスともiPad(合計4台)を利用しましたが、狭山キャンパスのiPad(2台)は、1回生に無償貸与しているiPad miniを利用いただきました。

ご利用頂いた感想

希望者には、午後にキャンパス移動を行い、実際に設備を見学してもらう企画もありましたが、見学時間は限られているので、事前に紹介できたのは、とてもよかったと思います。iPad用のVQSコラボは、カメラやマイクを接続しないでも簡単に使え、離れたキャンパスでもクリアな映像と音声が伝わってきました。

見学していた生徒は、大型モニターに映し出された自分たちの映像(iPadの映像)を見て驚いていました。さらに、入学時に無償貸与しているiPadミニが利用できたことも、学科のPRに役立ったと思います。高校での出前講義や行事などで、iPadとVQSコラボを利用して学科PRを行うことも考えられます。

今後の活用について

今後、ゼミなどの少人数の授業での利用や離れたキャンパスからのオフィスアワー、さらには、教育実習などで大学を離れている実習生とのコミュニケーションなど、幅広いご活用方法をご検討頂いています。


ページの先頭へ